検索
  • jodoetais

誕生

最終更新: 2020年11月25日

父をシュッドーダナ(浄飯王)、母をマーヤー(摩耶夫人)といい、母マーヤーが出産のためにカピラ城(カピラヴァスツ)から生家へ里帰りする途中のルンビニー園で4月8日にお生まれになりました。釈迦族の王子としてお生まれになったお釈迦様は、ゴータマ・シッダンタと名づけられました。その際、生まれてすぐに7歩歩き、右手で天を指し左手で地を指して「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげ、ゆいがどくそん 天にも地にも我一人)」とおっしゃられました。

また、天から甘いいい香りのする雨が降り注いだとも言われており、お釈迦様の誕生をお祝いする花まつりでもこの故実に基づいてお釈迦様の像に甘茶をかける灌仏(かんぶつ)という行事が行われます。

本日は、この辺りでお別れいたしましょう。

お釈迦様の誕生の様子を表した絵。シュッドーダナ王と摩耶夫人に抱かれているのがわかる。その横には蓮華の上を七歩歩いていくお釈迦様が見える。

8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

入滅

初転法輪

インドの最高神であるブラフマン(日本では七福神の中の梵天)の勧めに応じて、世の人々に自らが悟った法を説くことを決意された釈尊は、ベナレス(ヴァラナシー)郊外のサルナートの鹿野苑(ろくやえん)に向かい、かつての苦行仲間の5人に説法をされました。この世で初めて仏法が説かれたので「初転法輪(しょてんぽうりん)」といいます。

成道